- shiroan staff

100年近く愛され続ける鶴屋吉信の「京観世」

江戸時代、享和3年(1803年)創業。200年以上続く老舗「鶴屋吉信」

 

この投稿をInstagramで見る

 

chamy Tさん(@umekoha_ne)がシェアした投稿

 

伝統の味を職人が手作業で巻き上げている「京観世」は、大正9年(1920年)創案のロングセラー銘菓。

本店近くの観世稲荷社の井戸の観世井に “龍が舞い降りて井戸の水が常に渦をまくようになった” という言い伝えがある。この渦巻く水の文様(観世水)を意匠した京観世は、村雨と小倉あんをひとつひとつ丁寧に巻き上げた棹物菓子。ほろほろとほぐれる村雨と、 小豆本来の美味しさが味わえます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

40男のつぶやきさん(@keiyou_place)がシェアした投稿

食べきりやすいハーフサイズの2棹入り、1箱 1,400円+税。賞味期限は製造日より35日(夏季は25日)。日持ちがするので手土産に最適で個包装もあるので、お供え物としても重宝されています。公式オンラインショップにてお取り寄せができます。

「鶴屋吉信」公式サイトで詳細を見る


【鶴屋吉信 本店】

所在地 〒602-8434
京都府京都市上京区今出川通堀川西入る
交通手段 京都市営地下鉄烏丸線「今出川」西へ 徒歩 10 分
駐車場2ヶ所あり(合計15台)
電話番号 075-441-0105
営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日 元日・水曜の一部に休業日あり