Loading

可愛らしいメレンゲ菓子 奈良屋本店の「雪たる満」

天保元年(1830年)の創業 岐阜の老舗和菓子店「奈良屋本店」

代々受け継いだ銘菓は、人が変わってもその味を受け継ぎ「変わらないこと。守り続けること。」をモットーに日々お客様に喜んでいただけるよう商品・ものづくりに励んでおります。『雪たる満』は、明治19 年(1886年)、3代目山田留次郎が砂糖に卵の卵白を使用して菓子を製造する事を思いついたもの。苦心、研究の結果「雪のように白く、その味は甘く、雪のような口どけ」の種を作り上げる事に成功し、それを『雪たる満』と銘名しました。『都鳥』は、故昭憲皇太后が殊の外お気に召されていた「雪たる満」を25周年祝典(銀婚)に献上すると “お堀にいる白い鳥の形に作ってみたら” と有難いお言葉をいただきました。再度献上した際に “都の御堀に白鳥がいるから、都の鳥を都鳥” と名付けられ、それにより 大内御好「都鳥」と銘名しました。(大内御好=宮中のお気に入り)

おすすめ商品

特産「雪たる満」(左)

特産「雪たる満」(左)

明治19年発売以来、精選された上砂糖と新鮮な卵白だけを使用している手しぼりのメレンゲ菓子。あっさりしていて、番茶・緑茶・コーヒーなど何にでも合います。賞味期限 約2ケ月

大内御好「都鳥」(右)

大内御好「都鳥」(右)

“雪たる満”の同一製品で鳥の形をしたメレンゲ菓子。雪たる満同様、完全な手しぼりのため、同じ形のものはありません。サクッと口の中でシュワッと溶ける食感が魅力。賞味期限 約2ケ月

岐阜銘菓「かがり焼鮎」

岐阜銘菓「かがり焼鮎」

鵜飼で有名な長良川の美しい鮎の姿を、卵の黄身を主原料に軽く上品に1つ1つ手作業で焼き上げました。鮎の中は空洞で軽い歯ざわり。賞味期限 約1ケ月

銘菓「一つ葉」

銘菓「一つ葉」

皮に北海道小豆で作った餡をのせたものに牛皮でまき、まわりにいら粉をまぶした最中。俳聖松尾芭蕉が岐阜、妙照寺に滞在した折り、庭前に群生するヒトツバの句を詠みました。翁の風流にちなみ謹製いたしました。

可愛らしいメレンゲ菓子 奈良屋本店の「雪たる満」への口コミ

  1. まだ口コミはありません。

コメントを残す

店舗情報

店舗名 奈良屋本店 (ならやほんてん)
所在地 〒500-8069
岐阜県岐阜市今小町18番地

※一部百貨店にて「雪たる満・都鳥」の詰合せがお買い求めできます。
交通手段 岐阜バス「メディアコスモス・鶯谷高校口」下車南へすぐ
岐阜信用金庫美江寺支店隣
電話番号 058-262-0067
営業時間 9:00 ~ 18:30
定休日 日曜日、第3土曜日
公式ホームページ https://naraya-honten.com/
予約・取り寄せ 取り寄せ可
イートイン

アクセス情報

GoogleMapsで見る
あなたのお店をしろあんに掲載しませんか?
しろあんでは、和菓子のお店に特化した掲載を行っております。お店の情報だけでなく、最新情報の更新や新商品、季節のイベントなど告知も行えます。また、ホームページを所有してないお店は、ホームページとしても活用できます。掲載に興味がある方は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。