Loading

季節菓子の販売店舗一覧

春の訪れを告げる、桜餅や草餅。季節にさきがけて店に並び、花の散るころにはすっと姿を消してしまう。
和菓子には、その季節にしか出会えないものがある。「その季節だけにつくられる和菓子」には、王朝時代から続く宮中の年中行事にちなんだものが多い。
上生菓子として茶席に出されることが多い、煉り切りやこなし、きんとんは「季節を表現する和菓子」である。四季折々の風物を写したそれぞれの形には、和菓子の長い歴史と職人によるおもてなしの心が込められている。煉り切りは、関東でよく用いられる生地で、ねっとりとしたきめ細かな舌触り。白あんに求肥や寒梅粉などのつなぎを加え、煉り上げたもの。また、京都では、薯蕷(つくね芋)の生地と白あんを合わせて煉り上げる薯蕷煉り切りもある。こなしは、関西でよく用いられる生地で、もっちりとした歯ごたえが特徴。白あんに小麦粉、もち粉などを混ぜて蒸し、砂糖を加えながら手で、もみこなしたもの。きんとんは、餡玉の周りに箸でそぼろ状の餡をつけたもの。店によってそぼろの太さや長さに違いが見られ、餡玉を求肥生地で包んだり、中に水羊羹を入れたりしたものもある。

あなたのお店をしろあんに掲載しませんか?
しろあんでは、和菓子のお店に特化した掲載を行っております。お店の情報だけでなく、最新情報の更新や新商品、季節のイベントなど告知も行えます。また、ホームページを所有してないお店は、ホームページとしても活用できます。掲載に興味がある方は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。